経理を充実させる理由

(1)金融機関から融資を受ける時のため

企業を大きくし、経営を安定させるためには、金融機関からの融資は必要不可欠です。

そして、金融機関からの融資を受けるためには、正確な資料・決算書が必要になります。
正確な資料を用意するためには、毎月の経理データの作成が非常に重要で、それを用意できていることが、銀行や金融機関からの評価を高くするための近道なのです。

例えば、あなたのメインバンクに、四半期ごとに経営状態をしっかり報告できていると、銀行側もその場の経営状態だけでなく、あなたの会社の全体像を見てくれることになります。
特に最近の銀行の融資の方法は「スコアリング方式」に変わってきています。

つまり、経営状態を「正しい数字」で出せるかという点が企業評価のポイントになってきているのです。

従来のような「付き合い」や「経営者の人柄」だけでは金融機関は融資の意思決定ができなくなってきています。

したがって、「いつでも」「すぐに」正確な会計情報を出せるようにすることが、自分の会社を安定的に発展させる重要な要素になってくるのです。

 

(2)経営状態を把握するため

毎月しっかり経営状況の数字をまとめることで、経営の状態がわかります。

現時点での収益状況がわかるので、納税の対策はもちろん、投資や経費を使うタイミングが掴みやすくなります。

決算間近になって、思ったより黒字が出ることが分かった、という様な経験はありませんか?

また、売掛金・買掛金などの管理も簡単で、回収漏れなどのチェックもしやすくなり、資金繰りの面でもしっかりと管理できるようになります。

>>経理代行サポートはコチラ


経理のお悩み無料相談受付中! tel.0120-234-567 受付 9:00?17:00 お問合せフォーム24時間受付中 無料相談の詳細はコチラ